親知らずは抜くべき?抜かないべき?


親知らずは、残しておくと利用できる場合があるため、抜くかどうかは状況により異なります。

ここでは、親知らずを抜いた方がよいケースと親知らずを利用できるケースについてご紹介します。

親知らずを抜こうと考えている方は、これを参考にして親知らずを抜くかもう一度よく考えてみてください。

親知らずを抜いた方がよいケース

親知らずを調べる

・正常ではない場所に生えてきてしまい、食事をするときなどに邪魔になっている

・親知らずの周りの歯茎が腫れてしまっている

・親知らずが原因で歯並びを悪くしてしまう可能性がある

・矯正で親知らずが邪魔になっているため、歯を動かすことが出来ない

矯正治療で、凸凹に生えている歯を綺麗な歯並びになるように並べるとき、並べるスペースが足りない場合があります。

このような場合は、抜いても一番影響が少ない歯を抜いたり、少しだけ歯の側面を削ったり、歯を奥に移動してスペースを確保したりすることがあります。

歯を奥に移動させる際に、親知らずがあると邪魔で奥に移動できません。そのようなケースでは、親知らずを抜く必要があります。

親知らずを抜かずにおけば利用できるケース

・親知らず以外の奥歯を抜かなければいけないときに、その歯の場所に親知らずを移動させて利用する

・ブリッジや部分入れ歯に利用する

・矯正治療で、親知らずを利用して親知らずよりも手前にある歯を奥に移動させる

矯正治療で、親知らずより手前の歯を奥に移動させるには、その歯を奥に引っ張ってくれる固定源が必要です。この固定源として親知らずを利用することがあります。

まとめ

大部分のケースでは親知らずは抜いてしまった方が、後々面倒なことが起こりません。 しかし、親知らずを抜かずにいたことで、利用できるケースがあることを知り、親知らずを利用する可能性があるかよく考えて、納得してから親知らずを抜くことを決めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自分の地域から探す