ホワイトニングをする前に知っておきたいリスクとは?

シロちゃん

ホワイトニングにはさまざまなリスクがあります。

ホワイトニングをする前にリスクがあることを知って、もう一度よく考えてみてください。

ウォーキングブリーチのリスクとは?


歯の神経の治療をした方のホワイトニング法のひとつに、ウォーキングブリーチがあります。

ウォーキングブリーチとは

歯の神経があった部分に歯を白くする効果がある薬剤を入れ、内側から歯を白くする方法です。


ウォーキングブリーチのリスクは、歯の外部吸収や歯の破折のリスクがあることです。
外部吸収とは、歯の外側から歯が病的に吸収されることです。


一度外部吸収が始まると、歯の神経の治療(根管治療)をします。それでも吸収が止まらない場合は、吸収している部分を切り落とす処置をして吸収を止めます。

ホワイトニングは白さのレベルの調整が難しい


ホワイトニングは、あなたが理想とする白さのレベルになるかわからないことを覚えておきましょう。
調整する白さのレベルに限界があるため、真っ白な歯を希望している方は、ホワイトニング以外の方法を考えた方がよいかもしれません。

また、ホワイトニングは半永久的に歯を白いまま維持できるわけではないことも覚えておきましょう。

時間の経過とともに再着色がみられます。個人差はありますが、ホワイトニングが終了してから1年程で、徐々に着色が目立つようになる方が多いです。

そのため、白い歯を維持したい方は、着色しやすい食べ物を食べたらすぐに歯磨きをして、定期的に歯科医院に行き診てもらうことをおすすめします。

まとめ


ホワイトニングにはリスクがあることを知って、歯科医師とよく相談して納得した上で行うことが大切です。

外部吸収や破折は歯を失う可能性もあるため、歯科医師にしっかりと説明を受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自分の地域から探す