ホワイトニング治療(漂白)と修復治療どちらがよいの?

歯を白くする方法にはホワイトニングと修復治療があります。

歯の状況やあなたの希望によってどちらを選べばよいのかが決まります。

あなたの歯の状況や希望から、どちらの治療法を選ぶのがよいのかをよく考えましょう。

シロちゃん

それぞれのメリットをご紹介していくよ!

ホワイトニングのメリット

歯の模型を持った女性


ホワイトニングは、歯を削らずに白くすることができます。

被せ物をするのではなく、時間がかかっても自分の歯を白くしたい方には、向いている治療法です。

また、ホームホワイトニングは、自分の空いている時間を使ってホワイトニングできるため、歯科医院に何度も行かずにすみます。

修復治療のメリット


修復治療で歯を白くする方法は、前歯なら歯の表面を薄く削り歯の色をした薄い材料(セラミック)を貼り付け(ラミネートべニア)、奥歯なら歯全体に被せ物をする(クラウン)ことです。

ラミネートベニアは通常の修復物などの支台歯形成による保持形態を持たず、レジンセメントによる接着のみで支台歯に保持される。

引用:昭和歯学会雑誌|ラミネートベニア法の適応について

現在は、歯を削らないラミネートべニアを行っている歯科医院があります。

ラミネートべニアがホワイトニングにはないメリットは

  • 即効性
  • 形態修復

ラミネートべニアは、明日までにきれいな歯にしたい方にも対応できます。また、限度はありますが、歯の形も修正することができます。

また、ホワイトニングでは白くすることが難しい強い着色にも対応できますし、好みの白さにすることができます。

ホワイトニングでは、痛みを感じる方がいますが、ラミネートべニアは歯を削ったとしても薄く削るだけなので痛みはありません。

まとめ

 
好みの色や即効性を重視している方はラミネートべニア、自分の歯を白くすることを重視している方はホワイトニングを選択するのが一般的でしょう。

歯科医師と相談しながら、あなたのニーズを満たす治療法を選択してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自分の地域から探す