歯を失うとどうなるの?絶対に治療すべき?|ホワイトニングまめ知識

歯が失うと食べ物が食べにくくなるだけではなく、さまざまな影響が現れます。

そのため、治療をした方がよいのですが、治療をしないことを選択するケースもあります。

ここに書いてあることを、歯が抜けたときの対処法の参考にしてください。

歯を失うことで生じる変化

歯が抜けてしまった少年

・失った歯と噛み合っていた歯が伸びてくる
・失った歯があったスペースに、周りの歯が傾いてくる
・咬み合わせのバランスが崩れて、顎関節に余計な負担がかかる

歯は、手で動かせないし、硬いものを噛んでも位置が変わらないため、簡単には動かないと思っていませんか? しかし、歯は割と簡単に動くのです。そのため、歯を失ってスペースができると、周りの歯が動いてしまい歯並びは悪くなってしまいます。

・失った歯があった部分の歯茎が下がってくる
・顔の輪郭が変わる
・発音が不明瞭になる

歯は頬を口の中から支えているため、歯を失うとその部分の顔の輪郭が変わってしまいます。 また、歯は発音に大きく関係しており、失った歯のスペースから空気が漏れると発音が不明瞭になってしまいます。 ご紹介した他に、見た目が悪くなる、食べ物が食べにくくなる、胃腸に負担がかかる、などの影響が現れます。

歯が抜けても治療をしないことを選択するケース

ブリッジや部分入れ歯は残った歯を削らなければいけませんし、インプラントは顎の骨の中にインプラント体を埋め込まなければいけません。 一度治療をするともとに戻らないため、問題のない歯を削ってまで抜けた歯の処置をするべきであるのかを、よく考えなくてはいけません。 まだ若い方ならば、失った歯を放っておく影響の方が大きいため治療をすべきですが、高齢の方は治療をせずそのままにしておくのも選択肢となります。

まとめ

歯を失うとさまざまな影響が現れるために、治療をしなければいけません。 しかし、一度治療をしてしまうと元に戻すことはできないため、よく考えてから治療方針を決めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自分の地域から探す