「ホワイトニングまめ知識」の記事一覧

歯科医院で提供するホワイトニングとは?

歯科医院で提供するホワイトニングは、 歯の表面のエナメル質に沈着している有機物の着色を分解し漂白することです。

使用する薬剤は、過酸化水素や過酸化尿素です。

歯科医院でホワイトニングを受ける一番のメリットは、歯科医院でしか扱えない漂白力の高い高濃度の過酸化水素の薬剤を使用できることです。

また、悩み事の相談や痛みなどのアフターフォローをしてもらえるところも良い点です。

ホワイトニングの種類と施術の流れを紹介!

女性の歯科衛生士

 
歯のホワイトニングには大きく分けて3種類の方法があります。

① オフィスホワイトニング

W.ベイビー

W.ベイビー

1度の施術で効果が出やすいよ♪

 
歯科医院でおこなう一般的な方法の1つです。歯科医師や歯科衛生士が施術をおこないます。
過酸化水素と特殊なライトを使い、歯に薬剤を浸透させてホワイトニングをしていきます。


1.カウンセリング
オフィスホワイトニングの効果、施術時間、料金説明、またこの時点で心配なことがあれば相談できます。

2.シェードチェックとクリーニング

シェードチェックとは、現在の歯の色を、色見本を見ながら確認することです。
歯に歯石や着色などがあると、薬剤の浸透を阻害することになるので、効果が期待できません。
そのため、シェードチェック後に、クリーニング(歯の清掃)をするのが一般的です。

3.歯肉保護と薬剤塗布、光照射

歯肉(歯ぐき)と歯の境目に、歯肉保護剤を、また唇に触れないように、口角鈎(こうかくこう)を装着します。
オフィスホワイトニングで使用する薬剤は、前述にあるように高濃度の過酸化水素を使用するため、歯肉(歯ぐき)や唇などに付着すると、
一時的に痛みを感じたり、白くなることがあります。
薬剤塗布後、専用ライトを使い光を照射します。

4.歯肉保護剤と薬剤の除去、歯面清掃

歯肉保護剤と薬剤を丁寧に取り残しのないよう注意しながら、外します。
除去後、仕上げの歯面清掃(歯の表面を磨く)をします。

5.シェードチェック

施術前と、施術後の色の変化を色見本を使用し、確認します。

歯科医院によって、通院回数は異なりますが、定期的に3回から6回くらいが目安です。

 

メリット

来院さえすれば歯科医師、歯科衛生士にお任せ できるため、高濃度の過酸化水素を使用できるため、1度の施術で効果が出やすいです。

歯科医師や歯科衛生士が施術するため、安心感があり、アフターフォローもできるのが特徴です。

デメリット

全額自己負担のため費用がかかる、後戻りしやすい。

高濃度の過酸化水素を使用するため、歯の薄さによっては、知覚過敏のような痛みがでることが希にあります。痛みは数日でひくことが多いです。

一気に白くなりやすい分、他のホワイトニングに比べると、後戻りしやすいです。
 

② ホームホワイトニング

W.ベイビー

W.ベイビー

その名の通り自宅でおこなうホワイトニングだ。

 
ホームホワイトニングも一般的な方法の1つで、自宅で行うホワイトニングです。歯科医院でマウスピースを作製し、そのマウスピースに過酸化尿素という薬剤を入れ、歯に装着してホワイトニングをしていきます。

最近では、歯科医院に行かず、ネットなどでキットを購入し自分で行っている方もいます。


1.カウンセリング

ホームホワイトニングの効果、施術時間、料金説明。この時点で心配なことがあれば相談できます。

2.マウスピースの作製


マウスピースを作るための型取りをおこないます。
歯科医院によって、当日仕上がりの場合と後日仕上がりの場合があります。

3.シェードチェック、クリーニング


シェードチェックとは、現在の歯の色を、色見本を見ながら確認することです。
歯に歯石や着色などがあると、薬剤の浸透を阻害することになるので、効果が期待できません。
そのため、シェードチェック後に、クリーニング(歯の清掃)をするのが一般的です。

4.ホームホワイトニングのやり方説明

マウスピース、薬剤のお渡し
ホームホワイトニングは自宅で行うものなので、歯科医院ではやり方のみの説明になります。
マウスピースの適合を確認後、取扱いなど説明し、ホームホワイトニングの薬剤、マウスピースをお渡しします。
ホームホワイトニングの薬剤は、オフィスホワイトニングで使うものより、濃度が薄いため1度の装着で大体2~6時間、
1週間~3週間続けます。

5.シェードチェック


ホームホワイトニング後、施術前と、施術後の色の変化を色見本を使用し、確認します。

歯科医師の指導のもと、装着時間や、期間は変わります。

 

メリット

ホワイトニング効果が長時間持つ

マウスピースを使い一定期間薬剤を、歯に浸透させるため、オフィスホワイトニングに比べると後戻りが遅いです。また、自分の満足のいく白さのところでやめることができます。

デメリット

一定期間自分自身でホワイトニングを継続すること

一定期間、継続しなければ、効果が出にくいです。マウスピースの装着に違和感なく使用でき、しっかりと継続できることがポイントになります。
マウスピースの管理(清掃、保管)ができなければ難しいです。
 

③ デュアルホワイトニング

W.ベイビー

W.ベイビー

少し高いけど一番最新で効率的 ♪

 
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した、最も早く効果の出る方法で、白さも長持ちです。その分料金が少々高い傾向にあります。


1.カウンセリング

デュアルホワイトニングの効果、施術時間、料金説明。この時点で心配なことがあれば相談できます。

2.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの2~5を行います。

3.ホームホワイトニング

オフィスホワイトニング後、その日からホームホワイトニングを行います。
二刀流のようなイメージですね。早く白くすることができます。

 

メリット

オフィスホワイトニングで一気に白くすることができ、ホームホワイトでより白く安定させることができる
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの良いとこどり。

デメリット

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用なので費用は1番かかる
 

④ セルフホワイトニング

ホワイトニングサロンに行き、自分(セルフ)でおこなうホワイトニングです。

上記3つのホワイトニングとの大きな違いは、歯科医師がいないため、過酸化水素など薬剤が使用できません。なので漂白ではない、ステイン落としのホワイトニングになります。 本来の歯の色を取り戻すというイメージです。

サロンスタッフは、国家資格を持つ歯科医師、歯科衛生士ではないため、お口の中に触ることはできません。

歯科医院でのホワイトニングに比べ、安価なため、若い世代に人気です

自分に合ったホワイトニングはどれ?

自分に合ったホワイトニング

ここまでで、3種類のホワイトニングがあることがおわかりいただけたと思います。
 

それでは、自分には一体どれが適しているの???

 
審美歯科に勤め、たくさんの方とお話をし施術してきましたが、1番最初に聞かれる質問が、「 私にはどのホワイトニングが良いと思いますか? 」です。

ここでは、体験談も含めお話していこうと思います。
  

まず第一に、どれだけ白くしたいかを考える!

頭の中でのイメージや、実際に歯科医院でシェードガイド(歯の色見本)をみてでも、どれくらい白くしたいか考えてください。

例えば・・・元野球選手だったあの人みたいに、または、トイレの便器みたいに真っ白に(過去に数人いました)、今より少しでいい、ほどよい白さ、などなど

次は、予算と期間を考える!

いくらまでなら、ホワイトニングにお金をかけれるか・・・いつまでに白くしたいのか。
予算はすぐに考えられると思いますが、意外と盲点なのが、期間です。

結婚式をはじめとしたイベントにむけて、ホワイトニングをしたいと思っている人は多いです。

早く始めればよいというものでもなく、かと言って遅すぎると間に合わないということも。最も白い時に、イベントを迎えたいものですからね。

最後に、自分の性格を考える!

意外にも、この質問を最後に投げかけると、今まで考えていたホワイトニング方法をやめて、違う種類にする方が多いです。

あなたは、1つのことを続けられるタイプ=コツコツタイプですか?セルフケアが苦手なタイプではないか?など、話を進めると、その方のエピソードが聞けて面白かったりします。
 

・この3つの質問の答えから考えられる選択肢の例・・・

とにかく真っ白く、費用関係なし、期間も急いでいない、コツコツタイプ→
デュアルホワイトニング
 

とにかく真っ白く、費用関係なし、期間は急ぎ、セルフケア苦手さんタイプ→
オフィスホワイトニング
 

とにかく真っ白く、費用は抑えたい、期間は急いでいない、コツコツタイプ→
ホームホワイトニング

 

私がカウンセリングして印象深かった方

21歳大学生

とにかく真っ白く、芸能人みたくしたい、費用はそこまでかけれないけど、急いでないし、コツコツタイプとのことで、費用重視のホームホワイトニングで話がまとまりつつあったが、色見本の白さをみて、やはり白さを求めたい!!とのことで、その日は諦めご帰宅されました。

ですが、数か月後、アルバイトで貯めたお金を持って、デュアルホワイトニングを施術しに来院されました。

19歳フリーター

週末、好きなアーティストのライブがあるので、今より少しでいいから白くしたい、でも費用は最小限にしたいとのこと。

ホワイトニングとセルフホワイトニングとの違いを説明後、今回は、セルフホワイトニングにするということになりました。
 

 
3つの質問の答えから、重視するものはなにかで、答えはでてきます!

分からないことがあれば、歯科医院では必ずカウンセリングがあるので、そこでしっかりと相談してみてください。

ホワイトニングを行う上で大切なこと

ホワイトニングクリニックの比較サイト

お口の中の現状を知ること

冒頭にも書いたように、最近はよく、ホワイトニングという言葉を耳にします。

「ホワイトニング」という言葉だけが独り歩きしていて、歯科医院でもよく説明する機会が増えました。

しかし、ホワイトニングのカウンセリング後、お口の中を見ると、清掃状態が悪かったり、虫歯があったりと、すぐにホワイトニングの施術を行えない場合があります。

まずは、自分の歯ブラシの当て方や、磨く時間の長さを見直してみてください。

そして、歯の色だけではなく、お口の中も清潔に保ちましょう。

信頼できるクリニックで施術を受けること

ホワイトニングに限らずですが、心から安心して身を任せられる歯科医院でカウンセリング、施術を受けましょう

近年、歯科医院はコンビニエンスストアよりも多いと言われているので、自分に合った歯科医院を探すのは大変なことです。

ホームページや知人の口コミ、料金の確認はもちろんのこと、歯科医院の雰囲気、歯科医師、スタッフの対応などを調べてみるのも良いですよ。

このサイトでは、実際にホワイトニングを専門として扱っている、評判の良いクリニックだけを紹介しているので、おすすめですよ。

~ まとめ

ホワイトニングについてご理解いただけたでしょうか?

私自身、ホワイトニングクリニックで長年勤めていてそんな中、共通して思ったのは、歯が白くなることで、顔の印象が変わったり、モチベーションアップしたりと良い方向に向かう方が多いように感じました

歯を綺麗にすることに、少しでも興味を持たれた方は、ぜひ歯科医院に行ってみてくださいね。 皆様の参考になれば幸いです。
 

プロフィール

私は、ホワイトニング歯科の専門分野のなかでも1番ホワイトニングに興味を持ち、歯科衛生士の資格以外に、ホワイトニングコーディネーターとい資格を取得しました。
現在は大学生の子供と高校生の子供がおり、毎日が大晦日です!