ホワイトニングをした後の食事で注意しなければいけないこと!

ホワイトニングをした後には、食事や知覚過敏に注意しなければいけません。

ホワイトニング後に食べるものは、ホワイトニング効果や知覚過敏の症状に影響します。

ここに書いてあることを知っておけば、ホワイトニングを受けたときのトラブルが少なくなるでしょう。

シロちゃん

意外と大事!

ホワイトニングをしたあとの歯は着色しやすい


ホワイトニング直後は、使用した薬剤によって、歯の表面を保護している膜(ペリクル)が除去されていて、刺激に敏感で着色しやすい状態になっています。


そのため、ホームホワイトニングでは30分~1時間、オフィスホワイトニングでは1日程度は、着色しやすい食べ物を食べることや喫煙は控えた方がよいでしょう。


着色しやすいため控えた方がよい食べ物の例 ・コーヒーや緑茶、赤ワインなどの濃い色の飲み物 ・カレーやみそ汁、ミートソースなどの濃い色の食べ物 ・いちごやブドウなどの果物。

コーヒーと歯の関係


しかし、現実的には全てを控えることは難しいでしょうから、色が濃いものを食べたあとすぐに歯磨きをして着色を防ぎましょう!

ホワイトニング後は刺激に対して敏感な状態!


ホワイトニングを受けたあとは、使用した薬剤による神経への刺激に加え、ペリクルが除去されているため歯が刺激に敏感になっています。

そのため、ホワイトニング直後は、冷たいものやレモンや香辛料など刺激の強いものを摂ることは控えた方がよいです。

ホワイトニング後に感じる一時的な痛みは、放っておけば治ることが多いです。

しかし、冷たいものや刺激が強いものを摂ると悪化して、治療が必要になってしまうことがあります。

痛みが強い方は、知覚過敏用歯磨き粉を使ったり、歯科医師に薬剤の濃度を低くしてもらったりしましょう。

まとめ


ホワイトニングをした後に摂る食事によって、ホワイトニング効果や痛みに影響します。

痛みが翌日も続くようでしたら、歯科医師に相談し早めに対処してもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自分の地域から探す